波間にたゆたい、目を閉じて脱力すると、
瞼の裏側は波の音と己の呼吸音で塗りつぶされた。
思いっきり水面で深く息を吸い込み、するり、音もなく海底へと向かう。
重力に身を委ねて落ちてゆき、水深30m。
やがて肺は陸上の四倍の圧力に押し潰され、末梢の血管は収縮し、心拍数が急激に落ちていく。
深くリラックスし、身も心も海に溶けてしまったみたいだ。

ゆっくりと目を開ける。
吸い込まれそうに暗い海の底から、黒い影が近づいてきた。

感情が読み取れないその大きな瞳と、目があった。
思慮深くも、あるいは何も考えていないようにも見えた。
もっと近くで、じっくり姿を見せてくれ。
目を閉じて、待った。
たった数秒が永遠にも感じる。

ふと、魚との間にあった緊張が緩んだ。
すかさず死角から手銛をそっと差し出す。
魚の骨格、泳ぐスピード、潮流…それらを瞬時に計算し、手銛を撃ち込む場所を一箇所に見定める。
ありったけの力でゴムを引き込む。
背骨の5cm下めがけ力を解放すると、手応えはドン!と重たい反動として、僕の体全体を貫いた。